目的

 日本の俳句界においては、主に、現代俳句協会、俳人協会、日本伝統俳句協会の三協会が鼎立して久しいものがあります。

 程度の差こそあれ、高浜虚子による近代俳句の末流にあり、その芸術性も低迷してきているように思われます。

 また、海外でのHAIKU作家も増加しており、主にSNSを介したリアルタイムな交流も盛んになってきており、日本の俳句への関心も非常に高くなっています。

 そこで今こそ、今一度、芭蕉の俳諧精神に立ち返ることによって、世界に通用する俳句(HAIKU)における芸術性の復興が求められています。

 従来の桎梏にとらわれない日本俳句協会という新しい「場」が真の現代俳句あるいはHAIKUの発展に資することを期待するものです。

陸奥国 磐井郡鎮座 儛草神社 境内(一関市)


定款


今後の方針

 日本俳句協会は、最近の俳句国際化に対応するために、俳句あるいはHAIKUを定義し直すことにより、俳句を国際文芸として位置づけ、ひいては、現今の現代俳句の真の在り方を探求しようとするものであります。

 つまり、積極的に外国のHAIKU作家と交流することによって、却って明治以降に変質した真の俳諧精神の復興に繋がることに着眼しました。

 たとえば、頴原退蔵が「俳諧は決して季感文芸ではない」と喝破するまでもなく、芭蕉あるいは正岡子規においても季語を俳句の必要条件とはしていないことに注目します。これらのことは季節感の乏しい地域も多く存在する国際状況におけるHAIKUの敷衍に資するものです。

 つまり「造化にしたがひて四時を友とす」と芭蕉が述べているように、四時つまり四季は輩ではあるが、俳諧精神の本質は「造化」という宇宙的芸術性に関わる「切れ」を第一とするという基本に帰る必要があります。もっとも、四季のものは、それを助ける大事なな要素であることは言うまでもありません。

 そこで、日本俳句協会は、俳句の本質を芭蕉の俳諧精神に求め、俳句あるいはHAIKUの定義について、「切れ」という詩的創造を必須条件と考えます。

 国際的には「切れ」を有する短詩型文芸(主に1〜3行詩)をHAIKUと定義します。当初は、2行詩を基本型として、Ⅰ行目と2行目に「切れ」を有するHAIKUを提唱しています。

 「切れ」に関しては、追ってその芸術的創造性について詳しく解説する予定です。これは、HAIKUにも通用する芸術論でもあります。

 なお、中国語による華文俳句についても積極的に関わっています。


総覧の刊行

 来年の改元までには、役員・会員の作品、名簿などを掲載した『日本俳句協会総覧』(仮名)を刊行予定しております。

 まずは今年中に体制を整えたいと思いますので、会員となられることを希望される方は早めにお知らせ下さい。


顧問

船田元(自由民主党衆議院総会長・元国務大臣)、原口一博(元総務大臣)、Michel Lachaussee (在日フランス商工会議所名誉会頭) 敬称略


理事

高橋信之、永田満徳、五島高資、Daniele Duteil(AFAHフランス俳文協会)、Daniel Py(パリ句会主宰・BLYTH研究)、Brendon Kent(英国俳句協会、句集 "moon on water")、Pasqual Asprea(句集 "NUVOLE VAGANTI")、加藤直克(自治医科大学名誉教授)、岡田耕治(大阪教育大学教授)、大高翔(京都造形芸術大学通信教育部・芸術学部・非常勤講師)、大森健司(作家・「森」主宰)辻村麻乃(「篠」副主宰)、歌代美遙(「浮巣」同人)、木暮陶句郎(「ホトトギス」同人・「ひろそ火」主宰)、干野風来子(「橘」・「俳句スクエア」同人)、髙坂明良(「ムジカ」編集長)、向瀬美音(俳句大学国際学科長)、吳衛峰(日本東北公益文科大学教授)、洪郁芬(華文俳句社主宰)、大津留直(関西学院大学非常勤講師)、瀬戸優理子(中北海道現代俳句協会幹事・「ペガサス」同人)、佐佐木頼綱(歌人)、五島エミ(朝日テレビカルチャー俳句教室講師・声楽家・ピアニスト)

2018年12月16日現在 順不同・敬称略 


会員募集

会員の資格は、当協会の目的・方針に賛同頂ける俳句作家(俳人以外も可)とします。氏名(俳号)、性別、生年、メールアドレスを明記の上、下記へ日本俳句協会事務局へご応募下さい。会費は無料です。

個人情報に関しては、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。



論説


国際俳句交流コーナー HAiku column(俳句大学俳句学部国際俳句学科)


お知らせ

EUjapanの国際宇宙俳句コンペ

 

国内外の方にイラスト付き俳句を募集しているように見えますが、日本人の方が日本語で宇宙をテーマにした俳句を日本語で投句いただくだけでも大丈夫です。3月末締め切りですので、ご興味ある方にご案内頂ければ幸いです。


華文選句発表会

〜平成30年12月2日〜

◆「切れ」と「取り合わせ」を取り入れた華文圏初めての「二行俳句」の合同句集が台湾で出版されました。
◆発表会は台北の金車文芸センーターで記者会見とサイン会の形式で行われ、作者洪郁芬、趙紹球、郭至卿、吳衛峰そして永田満徳(日本俳句協会副会長・俳句大学学長)五人のうち三人が参会しました。
◆「華文俳句新書發表--今を詠む美学」と題したニュースが翌日台湾時間18:20に台北の中嘉ニュースで報道されました。

※発表会では、まず洪郁芬、郭至卿と趙紹球が五人作者それぞれの俳句を中国語と日本語で吟詠した。

一聲雷
成績單上的紅字 至卿

雷鳴一つ
通信簿の赤字 シキョウ

浮世畫的逆捲波
早春還寒       滿德

浮世絵の波の逆巻き
寒戻る みつのり

一痕飛機雲的傷
夏日晴空 郁芬
飛機雲の傷跡ひとつ
夏の空 ユウフエン

驟雨
賴在床上的假日 紹球

俄雨
ベッド籠りの休日 ショウキュウ

爐火邊
翻破一卷杜工部    衛峰

炉端
めくり読む杜甫の詩 エイホウ